人妻風俗嬢に魅了された

風俗嬢って大変だよな

男性の僕にはわからない苦労が風俗嬢にはたくさんあると思う。他人の異性に性的なサービスを提供するなんて、結構勇気がいることだしすごく大変なことだと思う。しかも、多くの男性は風俗嬢のことをただの性欲処理の玩具としか思っていないし、気持ちよく発射できればいいとしか考えてないから、たまに風俗嬢の扱いがひどいお客だっているはずだ。そう考えるとせめて自分が家に呼んだ時ぐらいはゆっくり休んでほしいと思い、宇都宮のデリヘル店が掲載されているサイトから好みのデリヘルのホームページに掲載されている女の子の中から一番好みに近い子を家に呼んだ。これってただの自己満足にすぎないのかもしれないけど、個人的にはデリヘルに在籍している好みの女の子のためにと思って考えついたことだった。実際に家に来た女の子にエッチなことを求めず、彼女に安らぎの場を提供してみた。いや、僕は安らぎの場を提供しているつもりでも彼女にとっては違っていたのかもしれない。でも、結局彼女は普通にご奉仕プレイをして、僕の気持ちを笑顔で断っていた。

テクを使い分ける風俗嬢

デリヘルって初めて利用するときはすごく緊張してしまい、自分の好みや好きな芸能人を伝えられないことがある。本当なら緊張する必要がないと思うんだけど、自分が緊張しやすいタイプだったのも原因だったと思う。ガキの頃から発表会とか苦手だったし、初対面の風俗嬢と顔を合わせただけでガチガチに緊張してしまった。とは言っても、実際にエッチが始まると彼女のテクと素敵な体を見て全身が暖かくなっていき、肉棒に血流がどんどん集まっていくのがわかる。肉棒が大きくなっていくたびに、風俗嬢は嬉しそうに微笑んでくれたしその微笑みが天使っぽく見えることがあって、初めてのデリヘル経験時はマジで体験してよかったなと思った。体験後、また数日経過してからデリヘルを再度利用した。同じ風俗嬢と再開してエッチしたんだけど、前回よりも彼女は過激に攻めてくれた。風俗嬢と言うのは相手によってテクをうまく使い分けるらしく、初心者から常連まで多くの男性を気持ちよくさせることができるようだ。

なぜ彼女なのかと言えば…

なぜ最近の風俗ではいつも彼女なのかと言えば、彼女の魅力はもちろんですがデリヘル嬢って点も大きいかなと。彼女そのものの魅力はもちろんですけど、デリヘルなのでそんなに気を使わずに利用できる点。この二つがミックスされているからこそなのかもしれません。もしもですけど彼女がデリヘル嬢ではなくて他の風俗にいる女の子であればここまで彼女ばかりを指名していたってことはないでしょうね。彼女の魅力とデリヘルの魅力。この二つがうまく組み合わさっているからこそ彼女ばかりになってしまっているんですよ。つまりは彼女はデリヘルでこそ輝くタイプなのかなって思っています。彼女はものすごく美人って訳じゃないんです。ただ、身近にいたらきっと可愛い雰囲気で好きになっちゃうかなって女の子なのでデリヘルのプライベート感が丁度良いんですよ。だからこそ、彼女のことはつい指名してしまう自分がいるんですよね。それで気付けばいつも彼女ばかりなんです。